横浜の英会話 横浜 英会話

home スクール コンタクト 横浜 英会話 関内
英会話勉強のコツ

相当悩んでます。英語(英会話)の文型でpersuadeはSVOCをとる!

相当悩んでます。英語(英会話)の文型でpersuadeはSVOCをとる!などの動詞によってどれがどの文型をとるという決まりが全くわかりません。そこで、これは暗記するものだと聞いたんですが、 参考書を見るとSVOCはmke型call型think型をとるなどのように全く具体的に書かれていないものばかりです。そこで、それが具 体的にすべて(SVO・SVは多いので除く)書かれている参考書があれば教えてください。または、もし暗記ではなく理解系なのであればそれも教えてくださ い。 返事

「persuade・make・call・thinkの使い方だな。」

これは確かにSVOCなどみたいに暗記するのは大変です。なぜなら、それぞれの使い方はちょっと異なっているからだね。
私はレッスンをする時に、生徒に例文を紹介すると使い方が覚えやくなるのでこれからpersuade・make・call・thinkの例文を通して説明 します。そんなに難しくはないと思いますが少し長い話になるので、読み始める前にお茶でも入れて飲みながらゆっくり読よんでいきましょうか。
1.persuade(日本語で「説得する」)
I persuaded him to help me.
Taro persuaded his boss to give him a higher salary.
つまりこんな使い方: (人)persuade (人) to(動詞)
注意:英語(英会話)のpersuadeは説得が成功する場合だけにつかいます。もしだめだったらこんな言い方に変わります:
I tried to persuade him to help me, but he did not.
2.make (日本語で「させる」)
My teacher made me write a report.
My parents made me wash the dishes.
つまりこんな使い方: (人)made(人)(動詞)
3.call (日本語で「呼ぶ」)
My friends call me “K-san.”
People in Japan call McDonald’s “Makku.”
つまりこんな使い方: (人)call(名詞)(呼び方)
4.think (日本語で「思う」)
I think Hanako went home.
I think this food is good.
つまりこんな使い方: (人)think(名詞)(動詞)
英会話スクールのYRC
英会話勉強のコツ体験レッスンにて確かめてください。体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / YRC英会話スクール / 045-650-3531 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話勉強のコツ
英会話勉強のコツ(YRC横浜留学センター | 横浜の英会話 | 横浜の中国語 | 横浜の韓国語 | ハワイホームステイ | 翻訳)