横浜の英会話 横浜 英会話

home スクール コンタクト 横浜 英会話 関内
英会話勉強のコツ

アメリカの大学って法学部がないんですか?

アメリカの大学って法学部がないんですか? アメリカの大学って法学部がないんですか?先日、アメリカの大学には法学部がないと聞きました。
でも勿論アメリカにも弁護士や裁判官はいるわけで…これはどういうことですか?
アメリカでは大学院で2年間(?)法律を学ぶそうですが、それまでの大学4年間はどうしているのでしょうか。
経済学部などに入って、たとえばその場合なら経済を学ぶのででしょうか。
まさか院で初めて法を学ぶわけではないですよね?
もし法学部がないなら、院試はどうするんでしょうか…日本のように、大学の学部で習ったはずの専門科目として「法律」の試験はできませんよね。
色々とすごく疑問です。
一体どういう仕組みになっているんでしょうか。 返事

弁護士になるためにまず4年大学を卒業して、そして大学院で2年間勉強して 「master’s degree in law」の学位をとります。

rainbow23343さんが言った通りにアメリカの4年大学では「法学部」(英語(英会話)で law department)がないね。弁護士になるためにまず4年大学を卒業して、そして大学院で2年間勉強して 「master’s degree in law」の学位をとります。
個人によるですが、4年大学に入学する時からいつか弁護士になることを目指している学生はほとんど「political science」(政治学)を専攻する。Political scienceは「social sciences department」(社会学部)に入っております。
そして大学院入学のやり方が、基本的はLSATという試験を受けます。これは法律について専門的の問題というよりも理屈的な考え方の質問がでます。こういうところはビジネス大学院入試のGMATと似ています。 英会話スクールのYRC
英会話勉強のコツ体験レッスンにて確かめてください。体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / YRC英会話スクール / 045-650-3531 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話勉強のコツ
英会話勉強のコツ(YRC横浜留学センター | 横浜の英会話 | 横浜の中国語 | 横浜の韓国語 | ハワイホームステイ | 翻訳)