横浜の英会話 横浜 英会話

home スクール コンタクト 横浜 英会話 関内
英会話勉強のコツ

start to Vとstart Vingの違いがいまいちよくわかりません。

start to Vとstart Vingの違いがいまいちよくわかりません。 特に、「未来に〜し始める」という時は、例えば、
It may start raining soon.ですか?start to rainですか?
また、違いはどのようなものですか?
返事

「start to Vは次のような場合に好んで使われます。」

*start to Vは次のような場合に好んで使われます。
①主語が無生物の場合
②(be) starting to のようにstartが進行形の場合
③start の次に来る動詞が知的活動や,心的状態を表す場合
< appreciate, understand, realize, know >などです。
例: I have now started to appreciate classical music. 「クラシック音楽が分かりかけてきた。」
*start Ving は開始された動作がしばらく継続すると考えられた場合に使われる傾向があります。
例: He started walking slowly toward the door.「彼はドアの方にゆっくりと歩き始めた。」
それで,「雨が降り始めるかもしれない。」という表現の場合は,
start to rain
の方が好ましいと思います。 英会話スクールのYRC
英会話勉強のコツ体験レッスンにて確かめてください。体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / YRC英会話スクール / 045-650-3531 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話勉強のコツ
英会話勉強のコツ(YRC横浜留学センター | 横浜の英会話 | 横浜の中国語 | 横浜の韓国語 | ハワイホームステイ | 翻訳)