横浜の英会話 横浜 英会話

home スクール コンタクト 横浜 英会話 関内
英会話勉強のコツ

ハーフの子供なら青い目になれますか?

ハーフの子供なら青い目になれますか?

日本人と白人ハーフの子供なら青い目にならないんですか?最近本でよんだので気になりました。

-ANSWER-

普段はなれない

普段は青い目になれないね。

目の色は親の遺伝子で決めるものです。目の色についての遺伝子は一つ父から、そして一つ母から来ます。

大体濃い色(たとえば茶色の目)の遺伝子は優性遺伝子といいます。そして薄い色(たとえば青い目)の遺伝子は劣性遺伝子と言います。

親から来ている遺伝子は両方が優性の茶色ならもちろん子供の目は茶色になります。同じく親から来ている遺伝子は両方が劣性の青い色なら子供の目は青色になります。

しかし親片側から優性の茶色の遺伝子が来て、そして片側から劣性の青の遺伝子が来ると子供の目は茶色になります。

つまり子供は父からでも母からでも劣性の青い目の遺伝子が来ないかぎりに子供の目は青い色になれない。

純日本人の遺伝の中では劣性の青い目の遺伝子が存在していないので、もし相手の目が青くても二人の間でできる子供には青い目に必要な二つの劣性遺伝子は来ません。

しかし相手は目が青ければ(つまり青い目の劣性遺伝子を二つ持っている)なら、できた子供には確実に青い目の劣性遺伝子を一つ流します。その子供は同じく劣性の青い目の遺伝を持っている日本人と白人の間でできた人と子供ができたら、この三世の子供には目が青い色になる可能性があります。

英会話スクールのYRC

英会話勉強のコツ体験レッスンにて確かめてください。体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / YRC英会話スクール / 045-650-3531 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話勉強のコツ
英会話勉強のコツ(YRC横浜留学センター | 横浜の英会話 | 横浜の中国語 | 横浜の韓国語 | ハワイホームステイ | 翻訳)