横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

入門の方には何を忘れたらいけないか?⑤


25.入門の方には何を忘れたらいけないか?⑤


では、今回は英語(英会話)入門の方にもともと大切のところの最後の話。
その最後の覚えなければなれないことは:未来形。
日本語にない文法なので、よく忘れられたり無視されたり「まぁ日本語にないものなのでたぶん上級者向けの表現だろう? 今入門の自分には気にする必要がないよね」と思われてしまいます。
しかし残念ながら実は未来形が英語(英会話)のとても基本的なところですから、使い方を忘れたらなかなか上達が出来ません。
どれだけ大切だといえば、次のような話を想像してみよう。


金曜日仕事が終わって、同僚に日曜日誘われてこんなふうに言われる:
“Do you want to eat lunch together next Sunday?”
「今度の日曜日一緒に昼ごはんをたべますか?」の意味で理解できるよね。
気持ちはありがとうと思っても、土日は実家に帰るので今回だけは無理です。
「実家」は「my parents’ house」と分かるが未来形の使い方を忘れてしまいます。
まぁ使わなくてもいいんじゃない?と思ってこんな返事をする:
“Sorry, I go to my parents’ house on Saturday and Sunday.”
これで相手は納得して、よし、英語(英会話)が通じたと満足する。
せっかくの誘いですが、今回は仕方なくて今度を楽しみにするしかないよね...
と思っているうちに何週間たっても二度と誘われてこない。
しかも同僚は週末が結構暇らしくて他の同僚と何回も週末に楽しく会っているみたい。
これはどうしたんだろう?まさか英語(英会話)圏のマナーでは初めて誘われた場合は他の用事が入っていてもその誘いを優先するべきだと?!
うん、まさかですね。
実はこれは単なるの誤解です。
そしてその誤解の原因は未来形を使っていなかったことなんだ。
もう一回その誘いと返を見てみましょう。


“Do you want to eat lunch together next Sunday?”
“Sorry, I go to my parents’ house on Saturday and Sunday.”


「今度の日曜日一緒に昼ごはんをたべますか?」と聞かれて、返事したいの「土日に実家に行きます」を直訳すると“Sorry, I go to my parents’ house on Saturday and Sunday”になりますね。
これで特に未来形を使っていないけど、そんな大差あるか?
そう、大差あるよ。
その返事、“Sorry, I go to my parents’ house on Saturday and Sunday”は現在形になっていますよね。
このふうに現在形を使うと、実はこの意味です:
「私はいつも土日に実家に行きます」
現在形をそのまま使うと「いつも」の話になっちゃいます。
従って“Sorry, I go to my parents’ house on Saturday and Sunday”をいうと相手は「私はいつも土日に実家に行きます」で聞こえる。
それじゃいつだって週末は予定が入っていると思われて、また誘わないのは理屈だな。
実家に行くとは今度の土日だけといいたければ、未来形を使わなければなれない。
それで:


“Sorry, I am going to go to my parents’ house on Saturday and Sunday.”


これで未来形を使うとしっかり未来の土日の一回、つまり今度の土日だけの話だと通じます。
今回は同僚とランチが無理だとしても、今度は大丈夫かもしれないと理解してもらえてまた誘われる。
こうして未来形と現在形をうまく使い分けをするともっと自分の状況が理解してもらって、今回の残念を今度の楽しみに切り替えられる(もちろん嫌な人の図々しい誘いをいっぺんに一切断りたい方にも未来形を覚えると役立ちますね)。



体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC