横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

「corporation」と「incorporation」の違い

「corporation」と「incorporation」の違い

英語(英会話)で法人としての「会社」って言うとき「corporation」と「incorporation」ってどう違うんですか?

-ANSWER-

「株式会社」と「創立」

「corporation」は法人としての会社を意味しますが、実は「incorporation」はその意味しません。
それぞれの使い方をもう一度見てみよう:

1.
「corporation」は元々「株式会社」を意味します。
たとえば:
Many corporations make electronics.
(たくさんの株式会社は電気物を生産します)

あとは会社名の後ろにも付けます。
たとえば:
I work for ABC Corporation.
(私はABC株式会社で働いています)

「Incorporated」は会社名の後ろに付く「corporation」と同じ意味です。
たとえば「I work for ABC, Incorporated」は「I work for ABC Corporation」と同じ意味です。
おまけに「Incorporated」の省略「Inc.」、たとえば「I work for ABC, Inc.」でも使えます。


しかし「Incorporated」と「Inc.」だけで「有限会社」の意味としてになりません。
「Many corporations make electronics」は言えても「Many incorporateds make electronics」や「Many incs. make electronics」は言えません。


2.
「incorporation」は「創立」を意味します。
動詞の「創立する」にすると「incorporate」になります。
たとえば:
This corporation was incorporated in 1994.
(この株式会社は1994年に創立した)

This corporation’s incorporation was in 1994.
(この株式会社の創立は1994年にあった)


体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC