横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

過去分詞の使い方


過去分詞の使い方

「名詞 + to be 過去分詞」と「名詞 + 過去分詞」の使い分けが分かりません。
「Documents to be attached to mail will be made.」と「Documents attached to mail will be made.」、
ふたつの文は同じ意味ではないのですか?

-ANSWER-

実は違います

意味は少し似ているところがありますが、実は違います。
1.Documents to be attached to mail will be made.
これに省略された「which are」を付けると文章がこうなります:
Documents which are to be attached to mail will be made.
これを二つの文章に分けるとこうなります:
The documents will be made.
The documents are to be attached to mail.
つまりまずこれから書類は作成されます。
その後にメールに添付されます。
2.Documents attached to mail will be made.
これに省略された「which are」を付けると文章がこうなります:
Documents which are attached to mail will be made.
これを二つの文章に分けるとこうなります:
The documents will be made.
The documents are attached to mail.
とりあえずこの「The documents will be made.」は「これから書類は作成される」を意味するので大丈夫です。
つまり今書類はまだ
出来ていない。
しかし「The documents are attached to mail」は「書類はもうすでにメールに添付されています」、つまり書類はもう出来ているって
意味します。
これは「The documents will be made」と反対のことになりますので、「Documents which are attached to mail will be made.」は矛盾で
意味になりません。



体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC