横浜の英会話 横浜 英会話

home スクール コンタクト 横浜 英会話 関内
英会話勉強のコツ

外国人上司とのコミュニケーション


41.外国人上司とのコミュニケーション 上司は外国人で、本社から派遣されている優秀な方です。私は業務上必要な語学力は身につけており、彼のとコミュニケーションにおいて言葉の問題はありませんが、意志の疎通が完全にはとれていないと感じるときが度々あり、もどかしさを感じています。
気配りの深度であったり、プライベートの関わり方への考え、小さなところでは笑いのセンスなど、 カルチャーの違いと頭では理解しているのですが…。
お互いうまくやっていくための心構えなどがありましたら教えてください。
返事 しっかり確認と軽くスマイル 国際的な事務所はコミュニケーションの上で難しいところもありますね。逆の日本で仕事している外国人の立場から話せて頂けるなら、こう思います。
意志の疎通が完全にはとれていないってところは、自分が思っているより伝えたいことは上司が理解している可能性もあります。英語(英会話)は日本語と違って相手が話 している時聞き手は「はい」、「うん」、「そうですか」、「ね」などを言わないで静かに聞くのはマナーです。つまり特に不明なところがなければ何も言わな い。確かに日本語で会話しているならそんな沈黙している聞く手がいれば自分が上手く言えていないと思ってしまうけど、英語(英会話)ならそれは通じていることの証明 です。
しかしそう言っても日本語があまり喋れない英語(英会話)圏の人が日本人と英語(英会話)で会話するとよく勘違いの原因になる気を付けることがあります。さっきも言ったが、日 本語で会話をすれば相手の話しを聞きながらよく「はい」と「うん」を言いますね。それで母語は日本語なら英語(英会話)で会話をしても思わずに「yes」を言っちゃ う人はけっこういます。しかし聞きながら「yes」を言えばこれは「はい」っていうより「賛成します」って意味になります。しかし聞き手は普通に静かで聞 くはずだから、相手が話しながら更に「それは当たり前だから私もそう思っているので早くその先の話に進んで」なので、これは気を付けた方がいいかもしれな い。
英語(英会話)では相手が言う前でも言いたいことを思い込むのはあまり認められません。だからこそ英語(英会話)なら主語抜きの文章は使えない。しかし不幸中の幸いでこれで相手の意思を確認するような質問は全然失礼と思われていない。たとえば次のような表現:
“To confirm, do you mean that _____?”
“I’m not sure I caught you. Could you explain that again?”
“Could you clarify what you meant when you said ____?”
もちろん自分の言ったことが通じたかどうかも確認しても大丈夫。たとえば:
“Did what I said make sense?”
“Was I clear enough on ____?”
正直言うとこういう質問をたくさんすると上司も助かるかもしれない。私が前に勤めた日本にある会社で英語(英会話)圏のスタッフが多くて会議などは全部英語(英会話)だったけ ど、大体ぐらいだけで通じているコミュニケーションで問題を行わして困ったときもよくあって、段々互いに確認することはどれだけ重要だと分かってきまし た。 そして最後に笑いのセンスの違いなんだけど、これはそんな深く悩まなくてもいいですよ。考えてみると、世界中でヒットしたドラマやシリアスな映画が多くて も、世界中で人気なコメディはあまりないよね。英語(英会話)のことわざ”Dying is easy. Comedy is hard”までもあります。なぜなら、冗談やギャグでオチを聞いた途端に完璧に言葉の意味もニュアンスも理解しないと面白くなくなってしまう。生まれ育た れたの国を出ている上司は周りの人が笑っても自分が笑壷に入らないことを絶対経験したことがあるのでこれを理解しているはずで。冗談などの代わりに挨拶さ え元気なら(スマイルなど)で十分ですのでご安心下さい。
英会話スクールのYRC
英会話勉強のコツ体験レッスンにて確かめてください。体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / YRC英会話スクール / 045-650-3531 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話勉強のコツ
英会話勉強のコツ(YRC横浜留学センター | 横浜の英会話 | 横浜の中国語 | 横浜の韓国語 | ハワイホームステイ | 翻訳)