横浜 英会話

初心者の英語学習に優しい、伝えたい言葉一つから広げるメソッドです。

Vol.44.TOEIC L&R テスト対策(8)リーディングセクションpart5対策

 

前回からTOEIC L&Rテストのリーディングセクションについて、触れています。
今回はpart5に焦点を当てます。
Part5は2016年の出題形式の変更で、リーディングセクションの中で問題数が40問から30問に減ったセクションです。文法と語彙の知識を主に問われるセクションで、おそらくpart5の問題は学生時代に英文法をしっかり学んだ方であれば、スコアを上げやすいといえます。


TOEICをっ受験する方は英語初心者から上級者まで様々だと思いますが、どのレベルの受験者でもPart5の攻略のカギは、まずは選択肢を見て、問題のタイプを見抜く=出題者が語彙力を問いたいのか、文法の知識を問いたいのかを素早く判断することです。
このことが、スコアアップ、さらに問題にかける時間の短縮につながります。
例えば選択肢が以下のようになっていた場合、
(A)coming
(B)to come
(C)has come
(D)comes
この問題は空欄に(A)=動名詞か現在分詞、(B)to不定詞、(C)現在完了形、(D)動詞の3人称単数現在形のいずれかを入れる文法の知識を問う問題であると推測できます。仮に問題文に知らない単語があったとしても気にする必要はありません。自分の文法知識で回答できるようであれば、即回答して次の問題へ、あるいは外れの選択肢が1つか2つあるものの、2択か3択で迷うようであれば、ここで時間をかけることは、その分他の問題にかける時間がなくなりますので、残りの2択か3択のうちのどちらかで回答しておきましょう。


また、選択肢が以下のような場合、
(A)Wholly
(B)Favorably
(C)Closely
(D)Relatively
この問題の場合は、選択肢は全て副詞であることが推測でき、単語の語彙を問う問題であると推測できます。その単語の意味を知っていれば、あるいは語幹から意味を推測できれば正解にたどり着けますが、そうでなければその問題に時間をかけるくらいならば他の問題に時間をかけるべきです。明らかに正答とは思えない選択肢を除いた、残りのいずれかの選択肢で回答しておきましょう。
あらためて、Part5は時間をかけてはいけない部分です。理想は10分から12分=1問あたりの平均回答時間=20秒から24秒程度です。ここで節約した回答時間をできる限りPart7に充当させましょう。 次回はpart6について触れます。


英会話スクールのYRC