横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

~したいを英訳する場合その気持ちのニュアンスによりいくつかありますが、


~したいを英訳する場合その気持ちのニュアンスによりいくつかありますが、

wish to doを使ったemailが届きましたがwant/love/would like to do に比べ違いはなんですか。

確かにそれぞれのニュアンスがあるね。
一向ずつ見てみよう。

確かにそれぞれのニュアンスがあるね。
一向ずつ見てみよう。


1 want to
これは一番定番的な表現で日本語の普通の「~したい」と同じニュアンス。
たとえば:
I want to go to California = 私はカリフォルニアに行きたいです


2 would like to
これは丁寧な言い方ですね。
自分の話に使うと「~をしたいと思います」や「~をさせていただきたいです」のニュアンスがあります。
たとえば上司に向かって話す時に:
I would like to take a long vacation so I can travel to California.
「カリフォルニアへ旅行ができるように長い休暇を取らせていただきたいです」
そして丁寧な言い方ですので質問によく使います。
たとえばレストランで:
What would you like?
「ご注文はいかがですか?」 (ちょくやくで「何が欲しいですか」)


3 love to
実はlove toは「~したい」ではなくて「~するのが大好きです」と意味します。
たとえば:
I love to travel = 私は旅行するのが大好きです
3a would love to
これなら「~する機会があったら是非したいです」のニュアンスだな。
would love toは自分の決意だけでできない時に使います。
たとえばI would love to eat lunch at Yoshinoyaなら言わないね。
吉野家で昼ごはんを食べたければそうすればいいぐらいに簡単な話ですから。
逆にこんな話なら言えます:
I would love to go to California if I could take a long vacation.
「長い休暇を取れたらカリフォルニアに行きたい」


4 wish to
これも丁寧な言い方です。
would like toと比べるとwish toはもっとやわらかい感じがして、そして話している人はそうしたくても実際できるかどうかやしてもいいかどうかはちょっと分からない気持ちも入っていま す。
日本語にすると「~をしたいけれど」たとえば:
I wish take a long vacation so I can go to California.
「カリフォルニアに行けるように長い休暇をとりたいけれど」
I wish to talk to you about our company’s new products.
「弊社の新しい商品を話させていただきたいけれど」


体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC