横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

英語(英会話)の応援のやり方


英語(英会話)の応援のやり方

相手に頑張ってねという時、外国の方々は、spirit!!!! ,fire!!!,fight!!!
と使っていました。
僕はどれも間違った英語(英会話)だと思うのですがどうですか?
特にfightとかは、戦うって意味ですよね 。
日本人はよく使いますがどうなんでしょうか?

- ANSWER -


「Go!」や「Come on!」の方がよく言います

思っている通りに「fight」は元々「戦う」、または「戦え」を意味します。
それでは英語(英会話)で応援として使えると使えない時があります。


一人でもやれるスポーツ(水泳やマラソンなど)なら「fight」は応援になれない。
相手と戦うっていうのよりタイムに兆戦する感覚ですから。
変わりに「Go!」や「Come on!」で応援する。


またテニスのようなあまりアグレッシブではないスポーツなら戦っているような雰囲気になれないので「fight」で応援しないね。
この場合の応援もやっぱり「Go!」や「Come on!」になります。


しかしアグレッシブであるスポーツなら「fight」で応援する場合でもあります。
特にアメフトによく使われています。
しかし個人で応援するのよりチアガールが使うような表現です。
「Spirit!」や「Fire!」で応援するのは更にそうです。
もちろんチアガールはファン達と一緒に声を上げて「Fight!」などで応援することもあります。



体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC