横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

this・next・lastの使い分け

this・next・lastの使い分け

英語(英会話)のthis, next, lastについて質問です。
1. =13年1月に13年3月の話をする場合は「this March」 と 「next March」どちらが正しいですか。
例えば、何か行事の予定があるときに、 「It will be held this March」と言うか「It will be held next March」と言うか。
2. =逆に、13年3月に13年1月の話をする場合は「this January」 か「last January」どちらになりますか。


3. =月だけでなく、曜日のときも混乱しちゃいます。
内容ははっきりと覚えていないのですが、実際にこのことで困った経験があります。
プレゼンテーションを発表する日を口頭で伝えられた際に、ハッキリと理解できず、一週目の火曜日に準備万端で緊張していたら実は2週目の火曜日の予定だったと言う。


-ANSWER

「動詞が未来形か過去形かになっているのはキーポイント

1. =どちらでも大丈夫です。


とりあえず13年1月に話していると「next March」を言えば「次の3月」、つまり13年の3月として通じます。
それで「It will be held next March」で大丈夫です。


不思議と感じるかもしれませんが「this March」は「次の3月」としても「この前の3月」としても使えます。
しかし「次の3月」として使おうとすると動詞も未来形に変えると「次の3月」って意味で通じます。
それで「It will be held this March」でも13年の3月で通じます。


2. =これもどちらでも大丈夫です。
「last January」は「この前の1月」を意味しますので、13年3月にそう言うと13年の1月として通じます。
たとえば「The event was held last January」で大丈夫です。


そして「this January」は「この前の1月」の意味として使おうとすると動詞を過去形に変えればいいです。
たとえば「The event was held last January」。


3. =実は英語(英会話)ネイティブ同士でも「next」を曜日と一緒に使うと混乱する場合が多いです。
たとえば今日は1月12日の木曜日に「It will be held next Saturday」を言われるとネイティブでもそれは二日後に来る1月14日の土曜日の話かどうか来週にある1月21日の土曜日の話かどうか今一分らない人がたくさんいます。
誤解されないように話し相手が英語(英会話)ネイティブでも1月14日の話なら「The Saturday of this week」や「Saturday the 14th」、そして21日の話なら「The Saturday of next week」や「Saturday the 21st」と話している人が多いです。



体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC