横浜 英会話

初心者の英語学習に優しい、伝えたい言葉一つから広げるメソッドです。

Vol.38 TOEIC L&R テスト対策(2)TOEICテスト先読み及びpart1対策

 

前回から引き続き、TOEIC L&Rテストについての対策を考察していこうと思います。
前回は、まずリスニングの際の時間の有効な使い方について少し触れました。問題が始まるとまずリスニングセクションの概要、及びpart1の問題の回答方法(Direction)が約90秒流れます。その間にリスニングセクションの問題にざっと目を通すようにとアドバイスさせていただきました。
今回はpart1について触れます。
2016年までは10題でしたが、現在Part1は写真についての說明の4択問題が6問出されます。ほぼ6問中4題、或いは5題は写真の中に人物が写っていてその人物について描写されます。
さほど難しくない問題です。スコアの目標は各個人によって違うと思うので一概に言えませんが、TOEIC初心者(初めて受ける方)、或いは英語初心者でもできれば、6問中4~5問正解を目指したいですし、中級レベル以上の方はできれば5問、或いは全問正解を目指したい問題です。
Part1攻略の為の一つのコツですが、前半の3問については、ハズレの選択肢がかなり的はずれ、かつ比較的簡単な語彙でアナウンスされます。ケアレスミスに気をつけて、正解の選択肢にペンを置いておきながら、外れの選択肢が確実に外れであると確信するまで集中して聴きましょう。
後半の3問についても4つの選択肢のうち、2つ程度はかなり的はずれなアナウンスであることが多いと思います。(これは経験則および、公式問題集4冊、及び旧公式問題集6冊からの推測です。)従って仮に完全に正解を見つけることが出来なかったとしても、明らかにハズレの選択肢は選ばないようにすれば、正答に近づくことができます。
Part1だけの対策ならば、2016年度以前に出された参考書で十分対応できます。問題の傾向は他のパートよりも変化は少ないので、問題数が多い分、慣れることができると思います。某有名ネット通販では中古の公式問題集が1冊100円~500円程度で購入できますし、 図書館で借りることも可能です。
(Vol.1~6まで6種類の旧問題形式の問題集がありますが、Part1に関する限り、どれでもいいと思います。) その他、ネット上にも沢山例題があります。
最後に、TOEICを数回程度(2~4回くらい)受けたことがある方や、中級レベル(TOEIC400~650程度)の方向けにもう少しだけアドバイスします。Part1の写真を見て、頭の中でご自身の語彙力を駆使してその写真を表現してみるのもいいかもしれません。案外正解に近いこともあると思います。


英会話スクールのYRC