横浜 英会話

自分の好きなこと(モノ)を英語で学ぶvol.4

自分の好きなこと(モノ)を英語で学ぶvol.4


5/1

ここ数回、私が担当している生徒さんのレッスンで、生徒さんが好きなこと、あるいは趣味などをレッスンに取り入れることで、市販のテキストよりも効果的に学べているという実例をいくつかお伝えしてきました。
定番かもしれませんが今回は、映画、それもハリウッド映画が好きな生徒さんの話です。今まで多くの生徒さんを担当してきた中で、外国の映画が好きな生徒さんは多くいました。
時折、そんな生徒さんで、ある程度文法の知識を持っている方に対して、リスニングレッスンをする際は映画の一部やトレーラー(予告)などをレッスンに組み込むと楽しく、かつ生徒にとってもためになるレッスンが行えると思います。


数年前にさかのぼりますが、CNNがニュースにしたStar Warsに関しての記事とそのトレーラーを見ながらレッスンを行ってみました。その時は、以下のセンテンスを引用しながらレッスンを行っていました。
We've seen Millennium Falcon onscreen since 1983's "Return of the Jedi,"
Fans have been anxious to get a glimpse at the upcoming "Star Wars" installment since Monday's announcement.
ニュースの記事にあった2つの完了形(現在完了形)のセンテンスはテキストで出てくるセンテンスよりも長いし、特に下のセンテンスは get a glimpse atというちょっと難易度の高いイディオムも含まれていますが、生徒さんは完了形の時間のイメージがついたとのことでした。


It was probably enough to send chills down the spine of many fans. 
上記のセンテンスにはenough to doという不定詞が使われていますが、その不定詞の用法に加えてchill down the spine of many fansというちょっと難しい表現もその生徒さんにとっては興味深く学ぶことができたようです。

ちなみに私自身はほとんどStar Warsは観たことがないのですが、その生徒さんは新作が公開されると必ず映画館に行って観るとのことだったのでこのニュースにとても興味を持っていただきました。次回もそんな例を紹介させていただこうと思います。


英会話スクールのYRC