横浜 英会話

横浜の英会話 英文メールのすすめ(11)Please note that~ ,(would) be pleased to (do)

英文メールのすすめ(11)Please note that~ ,(would) be pleased to (do)


10/6
前回までで10回、20フレーズをピックアップして伝えてきましたが、もう少しmailでの頻出表現をそのまま会話に使えそうな表現があるのでもう少し続けようと思います。


①Please note that~ 「~であることをご注意ください。」
“that”以下の内容に関して注意、注目を促す際に使われる頻出表現です。


②(would) be pleased to (do)「喜んで~(do)させていただきます。謹んで~(do)させていただきます。」
あること、ともすれば煩わしいことだとしても、そのことを積極的に、前向きに行う際に使える表現です。Would
を加えることで丁寧な、フォーマルなニュアンスが加わります。


①一例として、通常と違うケースが発生していたり、不都合な事案等が発生する可能性がある時に以下のように表現することがあります。
“Please note that our store will temporarily close tomorrow”
“Please note that parking in not allowed in this area.”


日常会話で使うことはあまり多くないかもしれませんが、非常に多く見かける表現と言えます。


②プライベートでもビジネスでも、相手へのサポートなどを自ら申し出たい時に以下の表現ができます。
”I would be pleased to help you if you need.”
“We would be pleased to welcome you”
また、初対面の相手とのあいさつにも” (I’m) pleased to meet you”と伝えることができます。


英会話スクールのYRC