横浜 英会話

英文メールのすすめ(25)「~に間に合うように、~に合うように」,「(予定より)遅れて」

英文メールのすすめ(25)「~に間に合うように、~に合うように」,「(予定より)遅れて」


01/26
今回も日常会話に使えそうなmailでの頻出表現です。今回は時間に関する簡単なフレーズを選びました。どちらも実際の会話、テキストメッセージやメールなどどんなコミュニケーションにおいても使えます。


①in time for ~ 「~に間に合うように、~に合うように、」
②behind schedule 「(予定より)遅れて、」


①色々なものに期限や締め切りがあります。
特にビジネスでは納期は非常に重要な要因となります例えば期限までに何かしらの書類を終わらせなければならないようなケースは往々にしてあります。
以下のように表現します。


“We have to finish annual report in time for the deadline.”
また日常会話においてもよくある表現でしょう。
例えば親が子供に対して時間までに帰宅するように伝える時にも使える定番の表現とも言えます。
“You should get home in time for dinner”


②こちらの表現もどうしても必要になってくるでしょう。
やむを得ず遅れてしまうことは誰でも可能性のあることです。
例えばビジネスにおいて、準備の遅れのために遅れが生じることもあると思います。
その際には以下のような表現ができます。
“We put off the meeting because the preparation was behind schedule.”


比較的ビジネス的、フォーマルな場で使われることが多いですが、カジュアルなシチュエーションでも使うことはできます。
乗り物が遅れている場合など、以下の表現もできます。
“.The train arrived at the station behind 15minutes late.”
ちなみに予定が早く進んでいる場合は”ahead of schedule”と表現します。


英会話の初心者に焦点を当てた場合、成長段階ごとにテーマを変えた学習に効果があると言う経験からの事実をもとに、学習アドバイスを毎週更新


英語上達のアドバイス

英会話スクールのYRC