横浜 英会話

英文メールのすすめ(28) 「先着順、早い者勝ち」 ,「該当なし」

英文メールのすすめ(28) 「先着順、早い者勝ち」 ,「該当なし」


02/16 更新
英文メールのすすめ(28)番外編
今回はメールで使用される表現ではありませんが、日常生活で頻繁に見かける表現をピックアップしました。
お店や公共機関など様々な場面で見かける表現と言えるでしょう。

①first come, first served 「先着順、早い者勝ち」
②not applicable (N/A) 「該当なし」


①コンサート、演劇、や乗り物などのチケットなど、先着順で購入するような場面があると思います。
その際に見かける表現です。
例えば座席が先着順をもとに用意される場合、以下のような表現があります。
“Seats are obtained on a first-come, first-served basis.”
同じような例ですが、
”Tickets are available on a first-come, first served basis.”
*「先んずれば人を制す」、「先手必勝」ということわざ、格言のように使われることもあります。


②例えば、申請用紙に記入する必要があって、その中の項目の中で自分に該当する答えがない場合、以下のような表現を見かけるかもしれません。
“If the question is irrelevant to you, please mark “not applicable or n/a.”
*なにかの申込書、アンケートなどに自分が該当しない項目がある場合に ”n/a”と書くことができる時もあります。


英会話の初心者に焦点を当てた場合、成長段階ごとにテーマを変えた学習に効果があると言う経験からの事実をもとに、学習アドバイスを毎週更新


英語上達のアドバイス

英会話スクールのYRC