横浜 英会話

英文メールのすすめ(31) お決まりの(もの),定番の(もの),普通の,共通の

英文メールのすすめ(31) お決まりの(もの),定番の(もの),普通の,共通の


03/08 更新 
今回はメールというよりもメッセージアプリやオンラインチャットでよく使用されるような表現です。二つのよく使われる頻出表現を選びました。どちらも日本語で”いつもの”や”普通の”というような表現が当てはまるものです。


①one’s usual 「お決まりの(もの)、定番の(もの)」
②in common 「普通の、共通の」


①頻繁に訪れるレストランやお店などで自分がよく注文したり、頼んだりする際によく使われる表現です。「いつものください。」は以下のように注文できます。
“My usual please.”
また、自分ではなく別の人が頼んだり、注文したりする時にも使えます。
例えば誰かがいつも頼んでいるような食べ物や飲み物を代わりに頼んでおく時には以下のように表現できます。
“I will get your usual.”


②他の誰かと同じ性格やモノなどを持っている時に使えるフレーズで話し相手と同調する使えます。
同調効果は相手に好感を与えると言われていますので積極的に使えば、コミュニケーションが円滑になるとも言えます。
例えば自分の友人と仲間意識を持ちたい時に以下のような表現ができます。
“We have more in common than in contrast..”
逆に、何も似ていなかったり、共通点が見当たらな買ったりする場合は、 以下の様に伝えます。
“I have nothing in common with you.”


英会話の初心者に焦点を当てた場合、成長段階ごとにテーマを変えた学習に効果があると言う経験からの事実をもとに、学習アドバイスを毎週更新


英語上達のアドバイス

英会話スクールのYRC