横浜 英会話

英文メールのすすめ(35)今のところ,~現在

英文メールのすすめ(35)今のところ,~現在


04/05 更新
 今回のフレーズは、とてもシンプルな単語の組み合わせ、かつ非常によく使われる時間に関するフレーズをチョイスしました。
この表現もnative speaker は自然に会話、mailなとコミュニケーションツールの中で使っています。


①so far 「(過去から今までの)現時点で、今のところ」
②as of ~ (時間) 「~の時点で、~現在」


①過去から現在までを表現する、とてもシンプルで頻出のフレーズです。
本当に色々なシーンで<現時点で>と言う場面は多いと思います。
例えば、生徒が講師から何かの講義を受けていて、講師がそれまでの講義についての質問を受け付ける時に、以下のように生徒に問いかけます。
“Do you have any questions so far?.”.
外国人旅行客に日本についてを聴く際に、以下のようなフレーズで聞くことも可能です。
“How would you like Japan so far?”


② ①と似ている表現ですが、違いとしては、”As of now”
とすれば<現時点で>という意味になりますが、”As of yesterday”
であれば<昨日の時点で>という意味になります。
<消費税は2019年10月時点で10%に値上げされました。>は以下の様に表現することができます。
“Consumption tax was raised by 10 percents as of October, 2019.”
ちょっとした応用表現ですが、<まだ今のところ>を以下のように表現できます。
”As of yet, My home work remains unfinished.”


英会話の初心者に焦点を当てた場合、成長段階ごとにテーマを変えた学習に効果があると言う経験からの事実をもとに、学習アドバイスを毎週更新


英会話スクールのYRC