横浜 英会話

英文メールのすすめ(43)「~の可能性がある。」~したいかもしれない、~してみてはどうでしょうか。」

英文メールのすすめ(43)「~の可能性がある。」~したいかもしれない、~してみてはどうでしょうか。」


06/07 更新
今回は”可能性”に関連したフレーズを選びました。
日常生活でもビジネスにおいても「~の可能性がある。」や「~かもしれない。」と誰かに伝えたり、誰かから伝えられるような機会は非常に沢山あると思います。
そんな時のフレーズです。


①There is a possibility that~ 「~の可能性がある。」
②might like to (do) 「~したいかもしれない、~してみてはどうでしょうか。」


①天気予報で「今夜は雨になる可能性があります。」などと言う場合に以下の表現を使うこともできます。
“There is a possibility that it will rain tonight. ”
ビジネスシーンにおいて、ある会議が延期されるかどうかを聞きたい場合に以下のように尋ねることが可能です。
“Is there a possibility that the meeting will be postponed until next week?”


②<might want to(do)>とほぼ同じ意味で使うこともできるこの表現は、<would like to(do)>=「~したい」のよりマイルドな表現とも言えます。
例えば、知り合いや友人などになにかを勧める際に、以下のように優しく表現できます。
“You might like to try this cloth on. ”
ビジネスシーンにおいても同僚等に何かを促すような表現として使うことができます。
“I guess you might like to have your proposal checked.”


英会話の初心者に焦点を当てた場合、成長段階ごとにテーマを変えた学習に効果があると言う経験からの事実をもとに、学習アドバイスを毎週更新


英語上達のアドバイス

英会話スクールのYRC