横浜 英会話

英語に関するQ&A(29)英語を勉強できるモチベーションとは何でしょうか?

英語に関するQ&A(29)英語を勉強できるモチベーションとは何でしょうか?


本を出版しました。 英会話のやり直しと土台作り


2000年代前半から現在まで15年以上、小学生から年配の方々まで色々な世代、また、インターナショナルスクールに通う子供を持つ主婦、弁護士さん。外資の製薬会社営業ウーマンなど、色々な職業の方々に英語を教えたり、留学カウンセリングをしたりしながら英語を学ぶ生徒さんや留学希望者の方から、限りなく沢山の英語に関する質問を受けてきました。その中でインターネット上の質問と重なる質問も時々見受けられます。そんな質問に答えていきます。


Q:英語を勉強できるモチベーションとは何でしょうか?私は、英語を勉強することは、英語というツールを使って他の活動に役立ててます。しかし、今後も英語を勉強し続けると考えると、そこまでのモチベーションがあるとは考えられないのです。大人になった人たちでも英語の勉強を続けている人は、どのようなモチベーションで英語を続けているのか、回答をお願いいたします。


A:英語を学び続けるというモチベーションに関して、本当に人それぞれ状況も背景も違うのだろうと思います。そしてそれを維持するための術(すべ)も様々なケースがあるでしょう。なのでなかなか一つの答えは出ないかもしれませんが、今回はできるだけ多くの方に英語学習のモチベーション維持のためのアドバイスをしようと思っています。


①逆転の発想をする。
 英語を学んでいたらこういうことができる、こんな便利なことがある、のようにポジティブな捉え方をすることでモチベーションを維持できる方であればおそらく今回の質問はしないでしょう。なので逆のアプローチをしてみてはいかがでしょうか。もし英語を学んでいなかったら、これができない(できなかった)だろう、こんな不便なことが起きてしまうだろう。と立ち止まって考えることで英語を学び続ける理由を考えてみるというのはいかがでしょうか。


②学び続ける、勉強をやめる、の2択ではなく、学び続け方の方法を(1)今のまま続ける、あるいは(2)別の学び方を試す、という選択で考えてみる。
 もしかすると現在の学び方で続けることが、モチベーションを維持し続けることが難しいということに繋がっているのかもしれません。例えば、リーディング中心の学習を、リスニング中心の学習に変化させてみるなど、別の学習方法をすることで自分にとって飽きのこないような学習方法を探すことができれば、結果的に学び続ける事ができる可能性があるかもしれません。


③同じような目標を持っていたり、同じような勉強方法を実践している知り合いを見つける。
1人で学んでいると、どうしても孤独感を感じたりするものだと思います。おそらく自分と似たような環境に置かれている人がいれば、仲間意識、あるいは競争意識が芽生えるかもしれません。仲間として一緒に英語の成長を助け合うにしても、また競争相手として負けないように英語の成長をしようと頑張るにしても英語学習は続けていくことができると思います。


とりあえず3つの方法を挙げてみましたが、もちろん他の方法も沢山あると思います。共通して言えることは、全て変化を試してみるということです。おそらく現状維持だとどうしても飽きが訪れてしまう、成長が見込めないのではないかということを危惧しているのではないかと考えられます。英語(語学)の成長の方法は他にも色々なアプローチがあるのでまた、触れていきたいと思います。