横浜 英会話

英語に関するQ&A(67)英検2級の2次試験 パッセージ対策

英語に関するQ&A(67)英検2級の2次試験 パッセージ対策


本を出版しました。 英会話のやり直しと土台作り


2000年代前半から現在まで15年以上、小学生から年配の方々まで色々な世代、また、エンジニアさん、弁護士さん。外資の製薬会社営業ウーマンなど、色々な職業の方々に英語を教えたり、留学カウンセリングをしたりしながら英語を学ぶ生徒さんや留学希望者の方から、限りなく沢山の英語に関する質問を受けてきました。その中でインターネット上の質問と重なる質問も時々見受けられます。そんな質問に答えていきます。


Q:英検2級の2次試験について、問題カードに書かれているパッセージを早く読むにはどうしたらいいですか?また、パッセージによく使われる単語なども教えてください。
パッセージが試験で事前に与えられた20秒以内に黙読できない、理解できてないのが1番の理由で、それがわからないから、答えられないんです。


A: 今回は、私が実際担当している生徒さんで、英検2級1次試験に合格した方から頂いた質問です。


①毎日10分程度でいいので5行〜7行程度の英文を音読する時間を作ってみて下さい。
お勧めは、今回受験した英検の問題、大問2以降の問題です。1パラグラフずつでいいので音読してください。
英検の問題を選んだ理由は、勉強するにはちょうどいい難易度だと考えられるからです。大半の部分が2次試験に出てくる問題カードのレベルよりは難易度が高いと思います。それに慣れることができれば問題カードはそこまで難しく感じられることはないはずです。


②パッセージの中にある以下の3つのフレーズのうちいずれかが出てくると思います。それに注意してください。
その3つのキーフレーズとは、”by doing so”, ”in this way”, ”because of this”  です。大抵パッセージの中にこれらのフレーズが含まれているはずです。


ほぼ、これらのフレーズの後の部分が試験官が質問をしてくる問題になり、そしてその直前の2文くらいに答えとなる部分が含まれています。
まず、黙読時間にこれらのフレーズを探し、その前後の部分が非常に重要なポイントであると意識するようにしてください。


これができれば、この問題に関しては8割以上の解答ができるはずです。
アドバイスVol.29,30,31では、リスニングのコツについて触れています。そちらのアドバイスについても一度ご覧になってみてください。



英検2次試験対策