横浜 英会話

英語に関するQ&A(80)どうやったら長文を攻略できますか?

英語に関するQ&A(80)どうやったら長文を攻略できますか?


本を出版しました。 英会話のやり直しと土台作り


2000年代前半から現在まで約20年、小学生から年配の方々まで色々な世代、また、エンジニアさん、弁護士さん。外資の製薬会社営業ウーマン、また英語の先生に英語を教えるなど、色々な職業の方々に英語を教えたり、留学カウンセリングをしたりしながら英語を学ぶ生徒さんや留学希望者の方から、限りなく沢山の英語に関する質問を受けてきました。その中でインターネット上の質問と重なる質問も時々見受けられます。そんな質問に答えていきます。


Q: 英検準2級の長文が壊滅的です。長文を解いても5問中2問しか合いません。どうやったら長文を攻略できますか?英検まで後5日しかありません。


A. 英検の公開テストは年3回、そのうち第1回の本会場試験は確か、5月末から6月初旬にかけてですね。長文は少し難しいし、今回は日にちも厳しいので間に合わないかもしれませんが、今後のためのアドバイスをさせて頂きます。


①英検の長文問題は出題形式から少しは攻略できます。
英検準2級の長文問題4A(メールの問題)4B(長文問題)は、ほぼ段落と問題がリンクしています。第1段落から1問目の問題が出題され、第2段落から2問目の問題が出題されます。
つまり、段落ごとに問題に答えるようにすれば、そんなに長文であると考える必要はなくなります。


②先に長文を読むのではなく、それぞれの問題、および選択肢を読んでから問題に取り組むと 答えを探しながら読む事ができるので、試験時間を効率的に使う可能性があります。今はライティング試験もあるので、その分をライティングの時間にあてることができます。


③英検準2級の長文は本当に基本的な文法に忠実に書かれていることが多いです。なので長文と捉えるのではなく、基本に忠実な文(節)が、カンマやand やhoweverなどの接続詞、関係詞などでつながって長い文章になっているだけです。基本単語を覚えていればきっと対応できます。


もう一度まとめると、
①段落と問題はリンクしているので段落ごとに問題を解く。
②問題から先に読み、その問題がなにを聴いているのかを意識しながら長文を読む。
③基本的な文章(節)が、接続詞やカンマ等で繋がれ、それで長い文章を作っているだけ。


最後の詰めのアドバイスです。1問でも多く解答して、合格を目指してください。
アドバイスVol.27~29でも、英検試験について触れています。そちらのアドバイスについても一度ご覧になってみてください。



長文を攻略