横浜 英会話

英語に関するQ&A(88)私は英文法がとても苦手です。

英語に関するQ&A(88)私は英文法がとても苦手です。


本を出版しました。 英会話のやり直しと土台作り


2000年代前半から現在まで約20年、小学生から年配の方々まで色々な世代、また、エンジニアさん、弁護士さん。外資の製薬会社営業ウーマン、また英語の先生に英語を教えるなど、色々な職業の方々に英語を教えたり、留学カウンセリングをしたりしながら英語を学ぶ生徒さんや留学希望者の方から、限りなく沢山の英語に関する質問を受けてきました。その中でインターネット上の質問と重なる質問も時々見受けられます。そんな質問に答えていきます。


Q:英語学習について、私は英文法がとても苦手です。単語であれば、英検準1級、TOEIC800点代のものは暗記しています。(シス単、パス単準1等はおわりました)
ですが英文法になると中学英語レベルも解けないです。
英文法を得意にするにはどういった参考書や勉強法がお勧めですか?

この質問を見かけた時、すごい!と思うとお同時にもう少しだなと応援したくなりました。
質問者の方は、多くの人が苦手な語彙力アップに頑張っている一方で、文法に苦労しているのはとてももったいないというか、もう少しの工夫できっと英語を好きになれる。英語を使って沢山の人とコミュニケーションが取れるようになれると思いました。


A:
①文法用語の英語を覚える
まずは、苦手意識を克服するために文法用語も英語で覚えるようにして、少しでも単語力を文法に”近づける”ようにしましょう。
例えば、現在完了形=present perfectだったり、句=phrase だったり、質問者様の得意分野を使って、多分このような単語に関して、まずは文法用語に関する言葉を英語で発することができるようになると、英文法学習のための礎ができると思います。


②文法用語を簡単な日本語で理解する。
私自身も生徒に教える時間がありますが、基本的な文法用語の意味、というか定義が曖昧な方が案外いらっしゃいます。
レッスンのかなり初期に「名詞とはどういうもの?」「形容詞って何?」と生徒さんに質問しても、的確な答え出ない方が結構いらっしゃいます。
まずはその部分からはっきりさせていく(=言葉の意味を理解するうえで文法のテキストの内容と、文法に関する理解力が深まると思います。


③最初は、文法的例外や高等な文法(応用的な文法)を無視する。
とりあえず基本的な文法ルールのみを学びましょう。
そして例外的な部分、応用編は最初は飛ばしてもいいと思います。
例えば、関係代名詞のカテゴリーの1つとして、連鎖関係代名詞、あとは疑似関係代名詞とよばれるような項目があります。
これらの項目は、文法初級とは言えず、一緒に学習すると混乱するかもしれません。
最初に関係代名詞の学習でエネルギーを使ったにも関らず、次の項目でさらに難解な項目を学ぶと、学習意欲が削がれる可能性がでてくるでしょう。
ある程度、基本的な理解が深まってからでも大丈夫です。


上記のように、文法を持ち前の単語力をアプローチ方法としたり、応用部分は後回しにするのもアイディアです。こんな質問にまたお答えしていけたらと思っています。
アドバイスVol. 7,8で、英文法に関する重要性について触れています。そちらのアドバイスについても一度ご覧になってみてください。



私は英文法がとても苦手です。