横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

ライティング力を上げる英語(英会話)の文法の勉強法


42.ライティング力を上げる英語(英会話)の文法の勉強法 外国人の友達と、会話はブロークンでも問題ないのにメールのやりとりができません。
ライティングに必要な文法と語彙力をつけるための、おすすめの勉強法がありましたら教えてください。



返事

友人が送ってくれるメールで表現をアレンジして上達 「会話はブロークンでも問題ない」と言いましたね。
しかしそのブロークンのところは会話で問題がなくても、ライティングなら大きいな問題になっている可能性があります。
なぜなら、目の前の相手と話している時は、あまり分からないことを言われても、すぐに質問してもう一回や別の説明してもらって、理解できる。
しかしライティングならこんな質問し合うことができなくて、ブロークンな言い方だと混乱してしまいます。
それでライティングの時は基本的の文章の作り方の文法に従うのはとても大事です。
特にS-V-O(主語・動詞・目的語)はそうです。
最初は多少大変かもしれないけど、これをしばらく几帳面にするとそのうちに自動的なことになるから安心してください。
そのかわりに楽な事で英語(英会話)の文章は日本語のほど長くないです。
特にライティングの場合はそうですから、シンプルで短い文章をたくさん書ければ大丈夫です。
そして英語(英会話)日記を強くすすめます。
友達とのメールをすると日常生活の話しはたくさん出るから、日記を書けばそれはメールの下書きや練習になれる。
そして友達が送ってくれるメールも練習に使える。
まずそのメールの中から文章をピックアップしてもう一回しっかり見てみて。
特にどこで名詞を使っていると かどこで動詞を使っているとか。
そして自分で別の単語でアレンジしてみて。
たとえばI often go to the beachが書いてあれば、oftenじゃなくて他の頻発を表す表現とgoじゃなくて別の動詞で文章を作ってみればこんなのをできる:
I sometimes eat lunch with my sister
そしてもう一つのライティング力を上げる方法は英語(英会話)の読み物を読むのです。
母語でも大体読書をたくさんする人の方は書き方が分かりやすくて文才があるよ ね。
第二言語でも同じ結果があります。
新聞、雑誌、小説などをたくさん読んでみれば自然な表現をたくさん見ればメールを書こうとするときに自然によみが えって使える現象があります。



体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC