横浜 英会話

英語に関するQ&A(71)英語の勉強法で文章を何度も読む

英語に関するQ&A(71)英語の勉強法で文章を何度も読む


本を出版しました。 英会話のやり直しと土台作り


2000年代前半から現在まで15年以上、小学生から年配の方々まで色々な世代、また、エンジニアさん、弁護士さん。外資の製薬会社営業ウーマン、また英語の先生に英語を教えるなど、色々な職業の方々に英語を教えたり、留学カウンセリングをしたりしながら英語を学ぶ生徒さんや留学希望者の方から、限りなく沢山の英語に関する質問を受けてきました。その中でインターネット上の質問と重なる質問も時々見受けられます。そんな質問に答えていきます。


Q:英語の勉強法で文章を何度も読むことが何より大切だと聞いたのですが。
どれくらいになるまで読めばよいのでしょうか?
文章の内容を理解するまでなのか、覚えるまでなのか、、、


A.今回もネットからピックアップしましたが、リーディングの勉強法に関しての質問です。リーディングが何より大切か=リーディングが一番大切かと言えば、、少し個人的な意見は違いますが、ただ受験勉強や資格試験の勉強では一番優先順位が高いかもしれません。それを前提として回答します。リーディングには2つのアプローチ方法がいいと思います。


①まずは、何度も読む事が悪いことだとは思いませんが、試験勉強にはdeadlineがありますので、どうしても時間が限られます。なので暗記するまで読むのは時間効率がよくないかもしれません。


①どんなタイプの文法ルールが使われているか理解するまで≒その文章の文法的な理解ができるまで読むといいと思います。
*基本的な文法の知識が必要になります。


②その文章の中に出てくる単語や熟語が、調べないで理解できるまで、読むといいと思います。
*自分に合う適切なレベルの文章を読む事をお勧めします。あまりに知らない語彙がありすぎると時間効率が悪くなります。


*①、②ができるようになるまで読むのを1つの目標にすれば十分だと思います。そしてもう1つ、レベルアップするのであれば以下の事にトライしてみて下さい。


③別の表現で同じ内容の表現ができるくらい、その文章の内容が頭にインプットできるくらいまで読めば、これはリーディングだけに限らず、スピーキング能力の向上が見込めます。表現力の向上というスキルがつきます。


アドバイスVol.172でリーディングについて触れています。そちらのアドバイスについても一度ご覧になってみてください。



英語の勉強法