横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

ビジネス英語(英会話)の特徴と身につけ方


47.ビジネス英語(英会話)の特徴と身につけ方 転職して、英語(英会話)を使った仕事をしたいと思っております。
TOEICのスコアは860点ありますが、「ビジネス英語(英会話)」のスキルを求める企業も数多くあります。
TOEICで証明される英語(英会話)力と「ビジネス英語(英会話)」は、どういう点が異なるのでしょうか。
また、現状は英語(英会話)での実務経験をつめる環境にないのですが、スクールで「ビジネス英語(英会話)」を身につけることができるのか、また、スキルというかたちで証明することはできるのかという点について、ご意見をいただきたく存じます。



  • 返事
  • 専門用語と流暢さのためにマンツーマン・レッスン 一般英語(英会話)とビジネス英語(英会話)は文法の点から見ればそこまで大佐はありません。
    しかし二つの気を使わなきゃところがある:単語と流暢さ。
    仕事に使うに大事なのは単語だな。
    特に分野によって専門用語が変わりますね。
    その対策にはまずその分野について英語(英会話)の雑誌かあるいは英語(英会話)のテキストを読んでみるのはススメです。
    読みやすいためにテキストは入門レベルでもいいです。
    とにかくもっとも大事な専門用語が何回も出るので読み続くとすぐ覚えてくる。
    そして雑誌でその分野の最新の表現や関連している単語が出てきます。
    しかしその単語を覚えるだけではなくて、ビジネスのためなら使い方もしっかり覚えるのが有利である。
    旅行者のための英語(英会話)なら別に遅くても多少片言でも結局 意味が通じたらよしなんだけど、ビジネス英語(英会話)はやっぱり違います。
    お客さんは会社が提供している品物やサービスに信頼がなければ当然大切のお金を出したり しません。
    その信頼を得るために自分の英語(英会話)での説明や話はしっかりであればしっかりであるほど説得力が出ます。
    この専門用語と流暢さを身に付けるようにプライベート・レッスン/マンツーマン・レッスンが一番いいです。
    先程話した英語(英会話)のビジネス雑誌やテキストを読ん で、レッスンで記事の内容を記事に出ている表現を使って話してみるとだんだん本物の商談に近い状態になります。
    それで求めている実務経験をつめる環境にも なって、慣れていて仕事場でも落ち着いて英語(英会話)を使えるようになります。



    体験レッスンにて確かめてください。
    体験レッスン申し込み!
    横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
    英会話スクールのYRC