横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

toとforの違いは何ですか?

toとforの違いは何ですか?

I gave a book to you.
I gave a book for you.


  • 返事
  • 丁度良いタイミングです。
    今週私の横浜にある英会話教室でこれについてのレッスンをしています。

    「to」は「~に」と意味します。
    それで「I gave a book to you」を言うと「あなたに本をあげた」と意味するね。
    つまり最初に私がその本を持っていてあなたに渡したって話です。


    「for」は「~のために」と意味します。
    それで「I gave a book for you」を言うと「あなたのために本をあげた」と意味する。
    この場合は結局もらった本はその「あなた」ではなくて他の人です。
    つまり私はあなたの代わりに 本を誰かに渡したって話になっております。


    「I gave a book for you」の文章だけで結局誰がその本をもらったのは分からないけどね。


    こうして「I gave a book to you」のような文章を言う機会が多くて、そして「I gave a book for you」を言う機会が少ないですね。


    「for」なら次のようによく使います:
    I bought a book for you.
    「あなたのために本を買った」



    体験レッスンにて確かめてください。
    体験レッスン申し込み!
    横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
    英会話スクールのYRC