横浜 英会話

英語に関するQ&A(86)留学前の英語学習

英語に関するQ&A(86)留学前の英語学習


本を出版しました。 英会話のやり直しと土台作り


2000年代前半から現在まで約20年、小学生から年配の方々まで色々な世代、また、エンジニアさん、弁護士さん。外資の製薬会社営業ウーマン、また英語の先生に英語を教えるなど、色々な職業の方々に英語を教えたり、留学カウンセリングをしたりしながら英語を学ぶ生徒さんや留学希望者の方から、限りなく沢山の英語に関する質問を受けてきました。その中でインターネット上の質問と重なる質問も時々見受けられます。そんな質問に答えていきます。


Q:英語圏の語学留学をしたいと考えています。現在私は、英語の能力が英検3級~準2級、TOEICが350点程度で全然英語ができないのですが、やはりもう少し英語ができないといくら語学留学とはいえ、厳しいですかね、、?ここまで英語力が無くてもなんとか生活はできるのでしょうか?


A:結論から言うと、語学留学に関してのみ考えれば、英語力がなくても留学可能です。英語力をアップさせるためにするのが”語学留学”だからです。実際、私も沢山の語学留学に出発された方を見てきて、英語力もその方たちのバックグラウンドも様々でした。個人的には語学留学に行くチャンスがあるのならば、行くべきだと思いますが、出発前にいくつかの”事前準備”をしておいた方がいい=非常に効果的だと思います。それを列挙させて頂きます。


①留学前の英語学習
まず、語学留学するのにその前に英語の勉強をするのかということをお伝えしますが、出発前だからこそ、英語の勉強をやっておいて頂きたいと思っています。  基本的に語学留学で通う学校は生徒ごとのレベルに合わせたクラス分けがされます。レベルが高いクラスに入った方が、最終的にどこまで上のクラスに参加できるかで、留学中に到達するレベル変わります。
 つまり語学留学を考えた時点で、すでに英語の学習を行なっていれば、上のクラスからスタートできる可能性があります。つまり事前の学習をすることで、同じ費用でさらに上の英語レベルに到達できる可能性があるのでプラスの事ばかりです。


②自分や地元、或いは日本に関する写真や動画をできるだけ準備する。
日本でも海外でも、初めての場所に行って、初対面の人と話す時は自己紹介をする事が多いと思います。その為の情報(ネタ)は多いに越したことはありません。自分自身ことだけではなく、家族や友人、自分が住んでいる場所に関する情報、さらには日本の事などを写真や動画で紹介できれば、きっと色々な事を共有できて、話も広がると思います。例えば、日本の路上に、普通に設置してある自動販売機は、多くの海外の地域にはないのでとても珍しがられます。


③自分が行く留学先を調べたり、留学先のネットコミュニティーに参加する。
当たり前とも言えますが、留学先の事もある程度知っておいた方が、きっと現地で話が膨らむ可能性があると思います。その場所の歴史、ゆかりのある人物など、ウィキペディア等でさっと情報を集めるだけでも違うと思います。
 逆の場合を考えてみてほしいのですが、初対面の外国人が日本の事や自分の地元の事を知っていたらなんとなく嬉しいと思います。


アドバイスVol.85~88で、自分の好きなことで英語に触れるという事について触れています。そちらのアドバイスについても一度ご覧になってみてください。

留学前の英語学習