横浜 英会話

英語に関するQ&A(54)初心者は何から勉強したらいいのでしょうか。

英語に関するQ&A(54)初心者は何から勉強したらいいのでしょうか。


本を出版しました。 英会話のやり直しと土台作り


2000年代前半から現在まで15年以上、小学生から年配の方々まで色々な世代、また、インターナショナルスクールに通う子供を持つ主婦、弁護士さん。外資の製薬会社営業ウーマンなど、色々な職業の方々に英語を教えたり、留学カウンセリングをしたりしながら英語を学ぶ生徒さんや留学希望者の方から、限りなく沢山の英語に関する質問を受けてきました。その中でインターネット上の質問と重なる質問も時々見受けられます。そんな質問に答えていきます。


Q:TOEICを初めて受けようと思います。1番近い試験で1月末36歳、英語力は中学レベルも危ういです。社会人になってからは英語を話したい事が(目標で)重点的にリスニングは沢山してきました、オンライン英会話などもしていましたが、目標がなく、辞めてしまい、今年はほぼなにもしていません。自分への挑戦でTOEICを伸ばしたいです。初心者は何から勉強したらいいのでしょうか。お勧めの勉強法教えて頂きたいです。


A:社会人になってからもう一度英語をやり直す方が非常にたくさんいらっしゃいます。ぜひそういう方を応援してあげたいと思います。また、TOEICに関してですがおそらくTOEIC listening & Reading (以下TOEIC L&R)の事だと思うので、そのテストについてのアドバイスとさせていただきます。


何度かTOEIC L&Rに関するアドバイスについては触れていますが、今回はより初心者、初級者向けに!


①リーディングの試験時間内に全ての問題を解答することはあきらめましょう。
リーディング試験時間は約75分ですが、その間に100問を解答する必要があります。初心者の方が全ての問題に解くのはかなり大変です。解答の手がかりがつかめそうな問題を優先的にとりかかりましょう。Part5の文法や語彙問題、part7の問題の中のmailの問題、広告、メッセージチェーン(チャット)の問題などは比較的簡単に正解の手がかりが見つけられる可能性が高いです。


②出題形式(問題文)と選択肢のパターンになれておきましょう。
公式問題集や参考書、インターネットでの模擬問題などを見て、問題文がどのような質問の仕方をしているか、4つ(リスニングの1部は3択)の選択肢はどのようなパターンなのかを知っておきましょう。TOEIC L&Rは全ての解答がマークシート方式です。質問文(出題の仕方)にも選択肢にもある程度のパターンがあるので、できる限り、質問文を読む時間、選択肢を見る時間を少しでも増やす方が正解に近づいていくはずです。


③TOEIC bridge から始めてみましょう。
また、英語初心者の方がいきなりTOEIC L&Rを受けるのは少しハードルが高いかもしれません。もし問題集、テキストをやってみて理由はビジネスメールや新聞の記事の抜粋のような英文が最後に沢山出てきます。その難易度が高すぎると感じたらTOEIC bridge と言う初級者・中級者向けのテストがあります。まずはそのテストを受けてみるか、対策テキストに目を通してみてください。TOEIC L&Rよりも難易度が低く、類似した問題が出題されます。TOEIC bridgeから始めることで、基本的な部分から学ぶ事ができます。もしTOEIC L&Rをトライしてみて正答率が3割をきるようならば、効率的な英語上達の為にはTOEIC bridge から始めた方がいいと思います。


                              アドバイスVol89~98でTOEIC bridgeについて触れていますので、そちらのアドバイスについても一度ご覧になってみてください。
英検2次試験対策