横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

「in order to」と「to」の使い分け

「in order to」と「to」の使い分け

「in order to」と「to」はどちらも「~のために」ですが使いわけが分かりません。


意味が同じけどニュアンスが違います

どちらも「~のために」を意味するのでどちらでも使ってもいいです。
しかしニュアンスがちょっと違いますね。


簡単なことですが、「in order to」の方が長いので丁寧な表現です。
たとえば上司と話すなら「I need more time to finish the project」のより「I need more time in order to finish the project」の法が自然です。


そして同じく「in order to」の方が長いので難しい動作によく使います。
たとえば「Scientists are doing research in order to solve the problem/問題を解決するために科学者は研究をしています」なら大丈夫です。
しかしあまりに簡単なことなら「to」だけの方が自然です。
たとえば「I went to the grocery store to buy milk/牛乳を買いにスーパーに行きました」。



体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC