横浜 英会話

英会話の上達に、他者との関わりは有用である。

英語勉強のコツ・アドバイス

「I want to~」と「I'd like to~」と「I'd love to~」の使い方

「I want to~」と「I'd like to~」と「I'd love to~」の使い方

「I want to~」 と 「I'd like to~」、 そして 「I'd love to~」 は、何が違うのでしょうか?

意味が同じがニュアンスが違います

ニュアンスは少し違います。
一つずつ見てみよう:
1.「I want to ~」は単なる「~したいです」を意味します。
たとえば: I want to go to California. 「私はカリフォルニアに行きたいです」
2.「I’d like to ~」は同じく「~したいです」を意味します。
しかし「I’d like to ~」はもう少しやわらかい感じします。
「I want to go to California」は「私はカリフォルニアに行きたいです」なら
「I’d like to go to California」は「私はカリフォルニアに行きたいと思っています」と思ってもいいです。
3.「I’d love to ~」は「I’d like to ~」と同じ丁寧なニュアンスですが願望が更に強く感じます。
「I’d like to go to California」は「私はカリフォルニアに行きたいと思っています」なら、
「I’d love to go to California」は「私は本当にカリフォルニアに行きたいと思っています」。



体験レッスンにて確かめてください。
体験レッスン申し込み!
横浜市中区真砂町4丁目43 木下商事ビル 8階 / 地下鉄関内駅、 JR関内駅から一分程
英会話スクールのYRC